映画「悼む人」のあらすじや撮影場所やキャスト情報は?


このページは約7分で読めます。

 

 こんにちはゴシップボーイです。さて今回は、映画悼む人』の原作ストーリーを始めとして、その他、ロケ地キャスティング舞台監督などについて、詳しく書いて行きたいと思います。

 

映画「悼む人」の原作は?

 

 さて、この映画『悼む人(いたむひと)』ですが、作家の天童荒太さんが書いた小説を、映画化した作品です。ちなみに、この天童さんですが、この作品で第140回直木賞を受賞されています。


こちらが原作となります。

 

 それと、天童さんの作品と言えば、毎週金曜日にTBS系列で放送している、『家族狩り』という作品も大変話題になっていますよね。詳細をランキングでチェック!

 

 話を戻しまして、気になる原作の概要ですが、”死者を悼むために、全国を旅している青年”を主人公にした物語です。

スポンサーリンク

 

 ちなみに、作者である天童さんがこの作品の着想を得たのは、2001年の9.11のテロ事件とその報復によるものだそうで、死者を悼む間もなく暴力の連鎖が続く状況に、違和感を覚えたのがキッカケのようです。

柳広司原作の映画「ジョーカーゲーム」のロケ地やエキストラ情報は?
 

 このように天童さんは、社会の闇や人の傷と寄り添いながら、妥協なき姿勢で小説を発表し続けていらっしゃいます。まさに今の時代に求められている、小説家の一人と言えるのでは無いでしょうか?

 

映画『悼む人』のキャストは? 主役は高良健吾?

 

 さて、この映画の主人公である坂築静人(さかつきしずと)役ですが、俳優の「高良健吾(こうらけんご)」さんが演じられます。

 

 高良さんと言えば、自身の主演作品である、映画『横道世之介』での演技を高く評価された事で有名ですね。

 

 ちなみに、この作品では、“ブルーリボン賞主演男優賞”を始めとして、その他にも、”日本プロフェッショナル主演男優賞”などを受賞されました。

 

 話を戻しまして、今回の『悼む人』での役どころは、”全国を旅しながら死者に哀悼を捧げつづける謎の男”という設定なので、『横道世之介』でのふんわりとしたキャラクターとは、全く違う顔を見せてくれそうです。

 

 それと、夫を殺した罪を背負いながら静人と旅をする、奈儀倖世(なぎゆきよ)という女性の役ですが、女優の「石田ゆり子」さんが演じられます。

 

 ちなみに、石田さんは元々原作のファンだったそうで、作者である天童さんとも、以前から手紙の交流があったようですね。

 

 そんな経緯があってか、石田さんは「『悼む人』が映像化される際はぜひ出演したい」と天童さんに希望を伝えていたそうですよ。

【ソース】映画悼む人映画化決定!/東映

大野いと出演映画「天の茶助」のあらすじやキャストは?
 

 それと、この映画のその他のキャストについてですが、現時点ではその詳細が明らかになっていないので、分かり次第こちらに追記したいと思います。

 

【追記】

 その他のキャストについても公開されましたね。気になるキャスト陣ですが、倖世の元夫である甲水朔也役に井浦新さん、静人の妹役である坂築美汐役に貫地谷しほりさん、エグノこと蒔野抗太郎役に椎名桔平さんとのことです。(あとは大竹しのぶさんや山本裕典さんも出演されます。詳しくは公式サイトの方を覗いてみてください。)

 

「悼む人」のあらすじは? 撮影場所は?

 

 それでは今から、この映画『悼む人』の、原作のあらすじ(大筋)をご紹介したいと思います。あらすじは以下から↓

 

 週刊誌記者である蒔野抗太郎は、死者を悼む旅を続ける坂築静人(高良健吾)と出会います。しかし蒔野はそんな善行を訝しみ、静人の周囲を調査し始めます。

 

 一方、奈義倖世(石田ゆり子)ですが、夫である甲水朔也を殺害した罪で服役していましたが、なんと4年という短い刑期で出所しました。

 

 ちなみに、この夫の人物像ですが、DVを受けた女性たちをかくまっていた事で、世間から称賛を浴びるような人物像だったようです。

 

 話を戻しまして、倖世は夫を殺害してしまった罪悪感からか、甲水の亡霊に悩まされる日々が続いていました。

 

 そして、これといって行先も居場所もない倖世は、その亡霊を振り払うかのように、二度と行くつもりもなかった東北の殺害現場に足を運びます。

スポンサーリンク

 

 そこには何と、死者を悼む旅を続けていた静人の姿が。そして更に、自信が殺害した夫に対し、祈りを捧げている光景を目の当たりにします…。

 

 

 ちなみに、以前書いた以下の記事では、この原作のあらすじについて、もう少し掘り下げて書いています。ですので、興味のある方は是非読んでみて下さい。

 

 

 さて、この映画の見所ですが、何と言っても静人と倖世の関係と、倖世が静人と出会い、いかに人生をやり直していけるかが、見どころになりそうな気がします。

 

 それと、人間的にちょっと難がありそうな、週刊誌記者の蒔野氏と、静人の関係なども見どころになりそうです。

 

 あとは、この映画の撮影場所(ロケ地)ですが、福島県や山形県、新潟県、関東近郊で行われたそうです。倖世が出所後訪れた東北地方が、実際の撮影場所でもあったようですね。

【ソース】悼む人/Wikipedia

太田莉菜がキャスト出演! 実写映画「パトレイバー」の評価は?

 

『悼む人』の舞台版の主役は向井理? 堤幸彦監督とは?

 

 さて、今回ご紹介した『悼む人』ですが、実は2012年に舞台作品化されています。ちなみに、その際の静人役は俳優の「向井理(むかいおさむ)」さんで、倖世役は、女優の「小西真奈美」さんがそれぞれ演じられています。

 

舞台『悼む人』/PARCO STAGE公式動画

映画「寄生獣」のミギー役は誰? 動画は?

 

 それと、この舞台は全国11ヶ所で上演され、なんと約5万人を動員したそうです。う~ん、これはかなり驚異的な数字ですね。

 

 東京公演のPARCO劇場が458席という事を考えると、その5万人という数字が、途方もないヒットを物語っていると思います。

 

 そして、この舞台の演出を手掛けたのが堤幸彦さんという方なのですが、実はこの方、更に今回の映画版でも、監督としてメガホンをとられていたようですね。この事から、この作品にかける並々ならぬ決意を感じます。

 

 ちなみに堤幸彦監督のヒット作は数多くあります。テレビドラマでは、『池袋ウエストゲートパーク』を始めとして、『TRICKシリーズ』、『SPEC』などが、映画では『20世紀少年』を始めとして、『BECK』、『エイトレンジャー』といったヒット作品があります。

 

 個人的には、「池袋ウエストゲートパーク」辺りが懐かしいですね~。当時、自分の回りでは地元が近いということもあり、かなり話題になっていた事が思い出深いです。

 

 話を戻しまして、この堤監督ですが、今回のこの映画について、以下の様なコメントを残されています。

「私はこの作品を舞台なり映像なりでより多くの人々にご覧いただき、世の不条理の痛みを少しでも緩和できればと考えた」

出典 天童荒太『悼む人』が高良健吾主演で映画化、共演に石田ゆり子、監督は堤幸彦

 

 う~ん、なるほどですね~。この映画が世の中の不条理に対して、一体どのように訴えているのかが、今から非常に楽しみです。

 

 それと、この堤監督ですが、最近では2015年に公開予定の、『天空の蜂』という原発を題材にした映画を撮られています。

 

 この事から分かる通り、最近は特に社会問題に対して、積極的に目を向けた作品が多いように感じられます。(意識して手掛けられているかもしれませんね。)

 

 さて、色々と気になるトピックが多い本作ですが、私の率直な感想としては、一刻も早く劇場で観たいと調べるうちに思いました。

 

 しかし、肝心の公開日は2015年の2月14日の土曜日ということで、しばし辛抱が必要なようですね。という訳で、今から他のキャストの公表を心待ちにしながら、劇場公開を楽しみに待ちたいと思います。

 

 この映画の予告編も出ましたね。やはり石田さんの演技は安定感があります。(Youtube東映公式チャンネル)


以下は悼む人の単行本となります。

 

オススメの記事

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
 「流トレ!」では、数人のライターがトレンドボーイ(トレンドガール)を名乗り、今話題のニュースや雑学情報を始めとして、その他にもドラマや映画、アニメや音楽といったエンタメ情報の中から、それぞれの趣向の元にネタを選定し、そこから記事を書いて寄稿しています。そして更に、その文章を読者がより読みやすい形にするべく、編集スタッフが文章や構成などを統一化してから、記事をアップロードしています。

 今回の記事がお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです。^^

 

当サイトおすすめ記事とスポンサーリンク

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

このブログ記事に一言突っ込む!

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入力した事を確認した後に、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

超巨大生物まとめ!

世界の巨大生物 エイ 画像

カップ麺Ranking!

カップラーメンランキング 2017 画像

誘いを上手に断る!

知人 誘い 断る 画像

じゃんけん必勝法!

じゃんけん 画像

超怖い都市伝説特集

都市伝説画像

トリックアート!?

だまし絵 画像

思わず二度見します

二度見 画像

ハプニング!?

ドッキリ 画像

笑い過ぎ注意!

面白い 画像

感動・泣ける歌

感動・泣ける歌 画像

モノマネ動画集!

モノマネ 画像

山で熊と遭遇したら?

熊 画像

犬の癒やしまとめ

癒やし 犬 画像

引き出しにネコ!?

ネコ 肉球 画像

卵の殻は食べれる!?

卵 画像

いつやるか?特集!

今でしょ 画像

ゲームで遊ぶ?

ブログパーツ 画像