スキーワックスの基本的なかけ方(かけかた)は? スプレー?


このページは約6分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちは、トレンドボーイです。さて、いよいよスキーやスノボのシーズンが始まりましたが、この記事を読まれている方の中には、既に年末年始に実際に滑りに行かれた方などいらっしゃると思います。

 

 もしくは、”今年はいつごろ滑りに行こうかな?”なんて、スケジュールと相談している方などもいらっしゃると思いますが、スキーやスノボに限らず、どんな道具でも使う前にはメンテナンスが必要ですよね。

 

 とりわけ、スキーやスノボ初心者にとって、ゲレンデの上の技術だけでなく、スキー場に行く前や帰った後、あるいはシーズンを終えた時のメンテナンスなども、覚えるべきことの一つかと思います。

 

 ちなみに、その中でも最も重要なのが、「ワクシング」と呼ばれるワックスがけですが、一口にワクシングと言いましても、スプレー式の簡単なものから、アイロンを使う本格的なものまで様々です。

 

 という訳で今回は、スキーワックスかけ方の基本」と題しまして、比較的簡単なスプレータイプのワックスがけについてを始めとして、その他にも、アイロンを使った本格的なホットワクシングのかけ方などについて、詳しく調べて見ることにしましたよ!

 

 あとは、補足として、”そもそもなぜ板にワックスがけが必要なのか?”という部分についても調べてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね! それではスタート♪

 

そもそも何故スキーやスノボにワックスがけが必要なの?




 

 さて、まずはスキーやスノボの板へのワックスがけですが、一体なぜ必要なのでしょうか? この辺がまず気になったので調べて見たとろ、どうやら大きく分けて、以下の2つの理由があるからだそうです。

 

  • 1.滑走性能の向上(楽しく滑るため)
  • 2.ソール素材の保護(板を長持ちさせるため)

 

 なるほど、筆者は今まで1番の滑走性能の向上だけかと思っていましたが、2番の素材の保護という理由もあったんですね。確かに言われてみるとそうかもしれません。

 

 ちなみに、スキーやスノボのワックスとは、油脂を主な成分とする滑らかな素材で出来ていますが、これを塗るとスキー板やスノボは薄い被膜で覆われます。

 

 また、板が被膜で覆われれば、汚れが奥まで入り込んでしまう可能性を低くすることができますし、ワックスと一緒に汚れも落とすことができるので、だからスキー板の保護に繋がるんですね。

 

 それと、雪は細かい氷で出来ておりますが、その主成分は「水」です。ということは、つまり油脂と交わり合いませんから、ワックスを塗ることで滑りをよくする効果が出るという訳です。


GALLIUM ガリウム WAX ☆送料無料☆ トライアルワクシングセット(ソフトケース)

スポンサーリンク

 

スプレータイプのスキーワックスのかけ方

 

 さて、スキーワックスの中で最も簡単なのは、そのまま塗れるスプレータイプや液体ペースト状のワックスです。という訳で、まずは実際に塗り方を説明してくれている、以下の動画をご覧ください。(スキー板を使った最適な動画が見つからなかったので、スノボの板での解説動画となります。) Youtube/bs180sfより

 

 以下、動画の内容のポイントを書き起こしたものです。実際にワックスがけする際の手順の確認に使用してください。

 

  • ①.クリーナーを滑走面全体にスプレーし、キッチンペーパーで磨いて汚れを落とす。
  • ②.ワックスを直接塗り乾かす。
  • ③.コルクで押し付けるようにすりこむ。
  • ④.余分なワックスをブラッシングで落とす。
  • ⑤.ファイバーテックスで仕上げ磨きをして完成!

 

 なるほど、これなら誰でも簡単に出来そうですね。(それに場所も選ばなそうです。) 実際、長時間滑る場合には、ゲレンデでこのワクシングを行うことも珍しくありませんし、こまめにワックスをかけることで、かなり良い状態で滑ることができます。

スポンサーリンク

 

本格的なホットワクシングのかけ方

 

 さて、前項でご紹介したスプレータイプのワックスがけは簡単ですが、どうやら持続時間が短いことがネックになるようです。なので、シーズン最後のメンテナンスや、一日滑った後のお手入れ(もしくは滑る前のお手入れ)には、アイロンを使ったホットワクシングが最適です。

 

 という訳で、こちらについても口で説明するよりも映像を見たほうが早いということで、まずは以下の動画をご覧ください。(こちらもスノボの板での解説動画となります。) Youtube/bs180sfより

 

 以下、動画の内容のポイントを書き起こしたものです。実際にワックスがけする際の手順の確認に使用してください。

 

  • ①.エッジが変形していないか確認し、水分を拭いた後に錆を落とす。
  • ②.サイドエッジの錆を落とし、錆止めを塗っておく。
  • ③.ブロンズブラシで滑走面の汚れやごみを磨き落とす。
  • ④.アイロンを温めてからワックスを触れさせて、その溶けた分を塗っていく。
  • ⑤.全体にアイロンをかけて伸ばす。
  • ⑥.ワックスペーパーをあて、その上からアイロンをかけて温め、ワックスをなじませる。
  • ⑦.一晩(最低でも2時間は)乾かす。
  • ⑧.スクレーパーとブラシで表面を整える。

 

 このように、ちょっと道具を揃えるのが大変かもしれませんが、手順の流れ的には、

  • 1.板の汚れを落とす。
  • 2.ワックスを塗って乾かす。
  • 3.最後に表面を整える。

 

 という事だけですので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪ (シーズン毎に何度もスキーに行くという方などは、絶対に覚えて損はありませんよ。^^)

 

スキーワックスの基本的なかけ方についての記事-終わりに-

 

 さて今回は、スキーワックスの掛け方の基本として、それぞれスプレータイプや固形のワックスを溶かしたワクシングのやり方を、動画を交えてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか? どれも比較的簡単に出来ることが分かりましたね♪

 

 ですが、中には「作業場所などの問題で出来ない」という方などもいらっしゃるかと思います。そんな時は、スキーショップやメンテナンス専門店に持ち込むのもアリかと思いますよ。^^

 

 実際のところ、筆者は、シーズン中はスプレータイプのワクシングをこまめに行い、シーズンの終わりにメンテナンスショップに板を持ち込んで、ホットワクシングを施工して貰うようにしています。

 

 とはいえ、自分の板を完全に自分でメンテしてみたいという気持ちもあるので、今年は思い切って”アイロンを買って自分でやってみようかな~”、なんて思ってます! という訳で、これを見ているスキーヤーやスノーボーダーの皆さんも、ぜひご自分でワクシングをして頂き、楽しく快適な滑走生活を送りましょう!

 

 最後に、今回はワクシングがテーマだったので省略しましたが、本当は「エッジの手入れ」も滑りやすさに直結する重大ポイントということで、エッジのチューンナップの仕方を説明した動画をご紹介させて頂きます。(Youtube/飯田房貴さんの動画より)

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
 「流トレ!」では、数人のライターがトレンドボーイ(トレンドガール)を名乗り、今話題のニュースや雑学情報を始めとして、その他にもドラマや映画、アニメや音楽といったエンタメ情報の中から、それぞれの趣向の元にネタを選定し、そこから記事を書いて寄稿しています。そして更に、その文章を読者がより読みやすい形にするべく、編集スタッフが文章や構成などを統一化してから、記事をアップロードしています。

 今回の記事がお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです。^^

 

当サイトおすすめ記事とスポンサーリンク

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

このブログ記事に一言突っ込む!

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入力した事を確認した後に、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントは、管理者のチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

誘いを上手に断る!

知人 誘い 断る 画像

じゃんけん必勝法!

じゃんけん 画像

超怖い都市伝説特集

都市伝説画像

トリックアート!?

だまし絵 画像

思わず二度見します

二度見 画像

ハプニング!?

ドッキリ 画像

笑い過ぎ注意!

面白い 画像

感動・泣ける歌

感動・泣ける歌 画像

モノマネ動画集!

モノマネ 画像

山で熊と遭遇したら?

熊 画像

犬の癒やしまとめ

癒やし 犬 画像

引き出しにネコ!?

ネコ 肉球 画像

卵の殻は食べれる!?

卵 画像

いつやるか?特集!

今でしょ 画像

ゲームで遊ぶ?

ブログパーツ 画像