【高速レース】東洋大が総合優勝!箱根駅伝2014 結果


このページは約2分で読めます。

 

 

1月2日、3日に開催された

第90回箱根駅伝』は、

往路・復路ともに東洋大が

制して総合優勝を果たしました。

  
出展 yomiuri online 

 

続いて駒大が2位、昨年に

スポンサーリンク

続いて優勝候補とされた日体大が3位。

 

東洋大は昨年2位の雪辱を果たし、

駒大は残念ながら学生駅伝3冠を逃しました。

 

復路ではシード権争いの

デッドヒートが続きました。

 

4位早大、5位青学大、6位明大、

7位日大、8位帝京大、9位拓大、

10位大東大までがシード権を獲得。

 

来年の箱根出場を確約した。

 

 

山の神なきあとの東洋大学

 

東洋大学で「山の神」と呼ばれた柏原竜二。

 

箱根の山の難コースを

得意として、一人でも劣勢を

引っくり返す事が出来る存在でした。

 

その柏原が卒業した後の

昨年のレースでは2位に甘んじて、

弱くなってしまった」という評判を

歯をくいしばって耐えてきたこの一年。

 

一人に依存するのでは無く、

スポンサーリンク

全員が強くなる、チームの

和と絆を大切にしたチーム作り

に励んできたという東洋大学。

 

その言葉通り、1区から

最終10区までのランナーが皆、

区間4位までに入っているという、

粒ぞろいのチームに仕上がっていました。

 

 

ハイペースなレース展開

 

今回の箱根駅伝はタイムが

11時間を切る高速なものになりました。

 

優勝した東洋大だけではなく、

2位の駒沢も11時間を切り、

スピードレースのほどを物語っています。

 

1位から10位までのタイム差で21分52秒、

ラスト22位とのタイム差は45分44秒もあります。

 

どれだけハイペースだったか、

そして東洋大の強さがうかがえるタイム差です。

 

そんな高速レースの今回は、

繰り上げスタートが何度もあり、

タスキがつなげず涙を流した大学もいました。

 

来年に向けて頑張ってほしいですね。

 

箱根駅伝2014 総集編Part1 往路ハイライト


 

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
 「流トレ!」では、数人のライターがトレンドボーイ(トレンドガール)を名乗り、今話題のニュースや雑学情報を始めとして、その他にもドラマや映画、アニメや音楽といったエンタメ情報の中から、それぞれの趣向の元にネタを選定し、そこから記事を書いて寄稿しています。そして更に、その文章を読者がより読みやすい形にするべく、編集スタッフが文章や構成などを統一化してから、記事をアップロードしています。

 今回の記事がお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです。^^

 

当サイトおすすめ記事とスポンサーリンク

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

このブログ記事に一言突っ込む!

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入力した事を確認した後に、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントは、管理者のチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

誘いを上手に断る!

知人 誘い 断る 画像

じゃんけん必勝法!

じゃんけん 画像

超怖い都市伝説特集

都市伝説画像

トリックアート!?

だまし絵 画像

思わず二度見します

二度見 画像

ハプニング!?

ドッキリ 画像

笑い過ぎ注意!

面白い 画像

感動・泣ける歌

感動・泣ける歌 画像

モノマネ動画集!

モノマネ 画像

山で熊と遭遇したら?

熊 画像

犬の癒やしまとめ

癒やし 犬 画像

引き出しにネコ!?

ネコ 肉球 画像

卵の殻は食べれる!?

卵 画像

いつやるか?特集!

今でしょ 画像

ゲームで遊ぶ?

ブログパーツ 画像