映画「ホビット 決戦のゆくえ(五軍の合戦)」の公式は? 公開日は?


このページは約5分で読めます。

 

 こんにちはゴシップボーイです。さて今回は、映画ホビット 決戦のゆくえ(五軍の合戦)』の、原作情報や撮影場所(ロケ地)、公開日公式サイト情報などについて書いて行きたいと思います。

 

「ホビット 決戦のゆくえ」の原作は? ロケ地は? 公開日は?

 

 私は以前、『ロード・オブ・ザ・リング』の方を全作見ましたが、迫力満点の物語で、高齢にも関わらず非常に楽しめました。

 

 平日の午前中の1回目が狙い目で、空いていることと、65歳以上は千円と言うことがとても魅力でした。(水曜日の”平日千円day”とダブルこともありますが…。)

 

 ちなみに、この作品をリサーチして知ったのですが、原作はとても古い物語というか、J・R・R・トールキンの1937年発表『ホビットの冒険』が最初だったのですね。

ホビットの冒険(上)新版 [ J.R.R.トールキン ]

 

 それとこの作品は『ロード・オブ・ザ・リング』の前の話らしいです。ちなみにこの事は、『ホビット 思いがけない冒険』の紹介をテレビで見て知りました。

 

 この『ホビット 思いがけない冒険』については、映画館に駆けつけるほどではなかったのですが、興味があるので、近々DVDの方を見てみようと思います。

 

 さてこのシリーズは、ホビット 思いがけない冒険」「ホビット 竜に奪われた王国」「ホビット 決戦のゆくえ」の3部作だとか。映画『ホビット 決戦のゆくえ』のDVDは以下から予約することが出来ます。

 

 アメリカとニュージーランドの合作ファンタジー映画で、壮大な劇中の展開が、この映画の魅力の一つらしいです。

 

 それと、撮影場所(ロケ地)ですが、全編に渡りニュージーランドでの撮影だったようです。

 

 「ロード・オブ・ザ・リング」自体も長い話で、最後までかなりの月日が掛かっていますから、その前章である3部作の方も、きっと長くなるのでしょうね~。

 

 ちなみに、今回のホビットシリーズ3作目の公開日ですが、日本では2014年の冬、または2015年の春、と伝えられています。

 

 全米公開が、2014年7月18日と決定されていましたから、”今年末か来年春“と言うことでしょう。

 

 それと、最新情報では、アメリカでの公開が12月17日に変更されたらしいので、当然、日本は今年の公開は無理になったようです。

 

 多分、来年の春あたりの公開ではないでしょうか?ちなみに、既に前売り券の方は2月28日から発売されているようです。

 

 というか、チケットが1年近くも前の発売となると、購入した後にどこかに無くしてしまいそうだな^^;追記:公開日ですが、どうやら2014年の12月13日に公開されるようですね!

 

映画『ホビット 決戦のゆくえ(五軍の合戦)』の公式情報は?

 

 さて今回の記事を書くにあたり、『ホビット 決戦のゆくえ』の公式サイトを探してみましたが、残念ながら今のところ、この映画の公式サイトは存在しないようです。

 

 ちなみに、前2作の公式サイトは以下となります。

追記:公式サイトが出来たようですね! 以下のリンクから見ることが出来ます!

 

第3部は「ゆきて帰りし物語」から「決戦のゆくえ」に改名!? 動画は?

 

 ホビットシリーズの最終章である『ホビット 決戦のゆくえ』ですが、どうやら原題の『5軍の合戦』に近づけて、タイトルが改定されたていたようですね。

 

【ソース】「ホビット」第3弾がタイトル変更

 

 「Tre Battie of the five Armies」で、出来上がった仮編集を視聴しての改定と言うのですから、『ゆきて帰りし物語』よりは、『ホビット 決戦のゆくえ』の方が、ふさわしい出来上がりになったのでしょうか?

 

 ちなみに上記のタイトルは、日本公開の題名として決定したようですね。今から公開が楽しみです。

 

 ちなみに、先ほどご紹介した通り、『思いがけない冒険』、『竜に奪われた王国』の2作については、既にDVDで発売されています。

 

 圧倒的な映像美と、スリリングなアクションの、壮大なファンタジーを謳う1作目。

 

 小人とまではいかないホビットの造形と、人間、妖精、魔法使い、怪獣が入り乱れるファンタジーは圧巻と言うことでしょうか?

 

~映画『ホビット 思いがけない冒険』予告編~

ホビット決戦のゆくえ(五軍の合戦)のあらすじネタバレ?
 

 そして2作目は、森で遭遇した巨大蜘蛛との戦い、オークとの死闘、邪悪な竜・スマウグに奪われた王国の奪回は、壮絶な戦いから始まるらしいです。

 

~映画『ホビット 竜に奪われた王国』予告編~

橋本愛・映画「リトルフォレスト冬編春編」の原作は?あらすじは?

 

 全編に渡り戦いの連続で、3部に続くらしいのですが、ファンタジーなのに戦いが多いのは、どちらかと言うと、書き上げられた年代のせいでしょうか?

 

 ちょうどその頃は、世界全体が”戦争中”というか、闘う男が当たり前の時代背景でしたから…。(冒頭でお伝えした通り、原作の『ホビットの冒険』が書かれたのが1937年。)

 

 個人的には、もう少しファンタジックな展開を期待していますが、あの迫力のある戦闘シーンも欠かせませんよね。やはりそこは実写版ですから、リアルな映像が期待出来そうです。

 

 なんにせよ、この映画『ホビット 決戦のゆくえ(五軍の合戦)』の公開が今から楽しみです。

 

ホビット決戦のゆくえ予告動画/シネマトゥデイ公式動画

 

オススメの記事

 

The following two tabs change content below.
 「流トレ!」では、数人のライターがトレンドボーイ(トレンドガール)を名乗り、今話題のニュースや雑学情報を始めとして、その他にもドラマや映画、アニメや音楽といったエンタメ情報の中から、それぞれの趣向の元にネタを選定し、そこから記事を書いて寄稿しています。そして更に、その文章を読者がより読みやすい形にするべく、編集スタッフが文章や構成などを統一化してから、記事をアップロードしています。

 今回の記事が何かのお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると幸いです。

 

以下オススメの記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

 皆さんの知っている情報や体験談などを書いて頂いて、有益な情報を共有して頂ければと思います!

🔻記事内容に一言突っ込む!or知っている情報(体験談)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入力した事を確認した後に、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

 

左吹き出し画像

 時代はもはやここまで来ているのか!「宙に浮くスピーカー」レビサウンド

 

 Bluetooth4.1対応、次世代スピーカーデバイスの「レビサウンド」は、最新鋭のフローティング・リニアテクノロジーを搭載。

 

 スマホ制御によりバランスを保ちながら空中を浮遊し、尚且つ幻想的な光と共に、回転しながら音楽を奏でます。

 

 スピーカー底面には強力なネオジウムマグネットを採用。例えば、料理中に冷蔵庫に貼り付けて音楽を聞くことも出来ますし、自転車のハンドルに付けて、音楽を楽しみながら移動することも可能に。

 

 更に、このレビサウンドを夜のイルミネーション代わりにすれば、1人癒やしを感じながら落ち着いた空間を過ごせますし、友人と少人数で過ごしたり、パーティなどの際には、周りに受けること間違い無しなのではないでしょうか?^^

 

 価格設定についても、1万円台と、これまた学生さんなどでも比較的手に届きやすいのが嬉しいですね。1ヶ月で割ると400円台なので、毎日ちょっとずつコツコツ溜めてから買うことも出来ちゃいますよ♪

 

 詳細は、以下の画像リンクから確認する事が出来ます。運営スタッフおすすめのこの一品! とにかく一見の価値ありです!

 
 

ディズニーまとめ!

2016 ディズニーランド 画像

折り紙情報まとめ!

折り紙 折り方 画像

超怖い都市伝説特集

都市伝説画像

トリックアート!?

だまし絵 画像

思わず二度見します

二度見 画像

ハプニング!?

ドッキリ 画像

笑い過ぎ注意!

面白い 画像

感動・泣ける歌

感動・泣ける歌 画像

モノマネ動画集!

モノマネ 画像

山で熊と遭遇したら?

熊 画像

犬の癒やしまとめ

癒やし 犬 画像

引き出しにネコ!?

ネコ 肉球 画像

卵の殻は食べれる!?

卵 画像

ゲームで遊ぶ?

ブログパーツ 画像

男を振り向かせる!

脈なし 男性 逆転 画像

恋愛のおまじない?

好きな人に好かれたい 画像

シャイ男の恋愛観?

シャイな男性が好きな人にとる態度 画像

年下B型男の態度!?

B型年下男性が好きな人にとる態度 画像

旦那の浮気を発見!?

浮気 画像