豪華寝台列車「四季島」の料金やルートは? 車内設備は?


このページは約8分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちは、トレンドガールです。さて、もうすぐそこまで春がやって来ましたが、 「重いコート脱いで 出かけませんか♪」と、キャンディーズの唄にもあるように、お出かけには最適な季節ですね。

 

 そんな、待ち遠しい春に、一つの豪華列車が誕生します。その名は「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」。満を持して登場した、JR東日本の周遊型臨時寝台列車です。

 

 そう言えば、太古の昔、日本が「敷島」と呼ばれていたのをご存知ですか? これは、崇神天皇の都が置かれた磯城(しき)に由来するそうですが、この寝台列車「四季島」は、その敷島に因んだものだとか。

 

 それに、四季のある国の中でも、特段その変化を感じさせてくれる日本をイメージした、とても夢のある名前となっていますね。

 

 話を戻しまして、この豪華列車「四季島」は、5月1日(月)から運行されるようですが、メゾネットタイプの部屋があったり、北海道にまで乗り入れるコースがあったりと、何かと話題となっているようです。

 

 また、予約の競争倍率は、初日の最高級スイートルームで、なんと76倍なんだとか! どっひゃ~ですよね。それに、第1期(2017年5月~6月出発)の平均倍率も、6.6倍と話題を裏切らない人気の高さです。

 

 そこで今回は、この豪華寝台列車「四季島」の、気になる料金体系やルートなどを始めとして、そのほかにも、豪華と言われる車内設備などについて調べてみることにしましたよ!それではスタート♪

 

豪華寝台列車[四季島]の気になるルートや料金は?


以下「TRAIN SUITE 四季島」公式Twitterより引用


 という訳で、まずは、四季島の各コースの運行ルートや料金についてご紹介しますね。

 

 ちなみに、現在出ている商品は、1泊2日(春~秋)、3泊4日(春~秋)、2泊3日(冬)の年間コースと、期間折々の旬を楽しむ、夏の2泊3日、年末年始の2泊3日、春の2泊3日コースの、計6コースとなっています。

 

 その概要は以下のとおりです。

 

「1泊2日コース(春~秋)」

 

  •  ・1日目 上野駅→塩山駅(山梨観光)→姨捨駅(姨捨観光; 善光寺平を望む夜景バー)→会津若松駅
  •  ・2日目 会津若松駅(会津観光)→上野駅

 

 料金は以下のとおりです。

 

  •  ・スイート 320,000円
  •  ・デラックススイート 400,000円
  •  ・四季島スイート 450,000円

 

「3泊4日コース(春~秋)」

 

 この3泊4日コースは、旅行期間が長いコースとなっているので、北海道まで行けて、東日本が1周できるものとなっています。

 

 また、2泊目の車外泊は、高級旅館に泊まれる設定です。短い期間で、各地に比較的長く滞在して、この旅行のコンセプトである、「うつろい」を感じられるようになっているようですね。

 

  •  ・1日目 上野駅→日光駅(日光観光)→函館
  •  ・2日目 函館駅(函館観光)→伊達紋別駅(ニセコエリア)、又は登別駅(登別エリア)…各旅館に宿泊
  •  ・3日目 洞爺駅(ニセコエリア)又は東室蘭駅(登別エリア)→新函館北斗駅→「縄文コース」青森駅(青森観光)→又は「五能線コース」新青森駅→五所川原駅(リゾートしらかみ乗車)→弘前駅→鶴岡駅
  •  ・4日目 鶴岡駅(山形県鶴岡市。早朝加茂水族館でクラゲ鑑賞)→あつみ温泉駅(朝風呂)…(この間車内で滞在も可)→鶴岡駅→新津駅(燕市観光)→東三条駅→上野駅

 

 料金は以下のとおりです。

 

  •  ・スイート 750,000~770,000円(宿泊の宿による。)
  •  ・デラックススイート 900,000円
  •  ・四季島スイート 950,000円

 

「2泊3日コース(冬)」 2017年12月9日~

 

 2泊3日コース(冬)は、日本三景の松島や、雪国を巡りながら温泉を楽しむコースとなっています。

 

  •  ・1日目 上野駅→白石駅(宮城県白石市。白石観光、松島(ナイトクルージング))→松島駅→青森駅
  •  ・2日目 青森駅→「弘前コース」弘前駅(弘前観光)→青森駅、又は「五所川原コース」五所川原駅(五所川原観光)→津軽鉄道(ストーブ列車乗車)→金木駅→青森駅→一ノ関駅(一ノ関観光)→鳴子温泉駅
  •  ・3日目 鳴子温泉駅(宮城県・大崎市。朝風呂)→上野駅

 

 料金は以下のとおりです。

 

  •  ・スイート 500,000円(2名1室) 750,000円(1名1室)
  •  ・デラックススイート 650,000円(2名1室) 975,000円(1名1室)
  •  ・四季島スイート 700,000円(2名1室) 1,050,000円(1名1室)

 

「東日本の旬(夏の2泊3日コース)」 2017年8月16日~18日

 

  •  ・1日目 上野駅→湯沢駅(西馬音内盆踊り見学)→八戸駅(青森県八戸(はちのへ)市)
  •  ・2日目 八戸駅→鮫駅(レストラン鉄道: 東北エモーション乗車)→久慈駅(久慈観光)→八戸駅→鳴子温泉駅(鳴子温泉観光)→鳴子温泉駅
  •  ・3日目 鳴子温泉駅→一ノ関駅(平泉観光)→上野駅

 

 料金は以下のとおりです。

 

  •  ・スイート 700,000円
  •  ・デラックススイート 850,000円
  •  ・四季島スイート 900,000円

 

「東日本の旬(年末年始コース)」 2017年12月31日~2018年1月1日

 

  •  ・1日目 上野駅→熱海駅(熱海観光)→横須賀駅(貸切クルーズ船でカウントダウンパーティ。)
  •  ・2日目 和田浦駅(千葉県南房総市。初日の出)→鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市。鹿島神宮参拝)→上野駅

 

 料金は以下のとおりです。

 

  •  ・スイート 450,000円
  •  ・デラックススイート 600,000円
  •  ・四季島スイート 650,000円

 

「東日本の旬(春の2泊3日)コース」 2018年3月24日~3月26日

 

  •  ・1日目 上野駅→酒田駅(山形県酒田市。酒田観光)
  •  ・2日目 酒田駅→花巻駅岩手県花巻市。(SL銀河乗車)→遠野駅(岩手県遠野市。遠野観光)→那須塩原駅
  •  ・3日目 那須塩原駅(那須観光)→結城駅(茨城県結城市。結城観光)→上野駅

 

 料金は以下のとおりです。

 

  •  ・スイート 700,000円
  •  ・デラックススイート 850,000円
  •  ・四季島スイート 900,000円

 

 以上、四季島の各コースと料金の詳細でした。それにしても、豪華寝台列車だけあっていい値段しますね…。^^; でも、季節ごとの楽しみを満喫できるので、一生の思い出になるのではないでしょうか?^^

 

四季島の車両編成や車内設備はどうなっている?

 

 さて次に、豪華寝台列車「四季島」の、車両編成や車内設備についてご紹介しますね。

 

 という訳で、まずは車両編成についてですが、四季島は、10両からなる列車で、展望車2両にラウンジ1両、ダイニング1両に客室6両となっているようです。結構ゆったりとした空間ですね。(PCやタブレットの方は、クリックorタップで拡大出来ます。)


出展 列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

 そして、何と言っても旅の楽しみはお料理です♪ ダイニング車には暖炉もあり、東日本各地の旬の滋味を、車窓からの眺めを楽しみながら味わえるとのことですよ!


出展 列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

 それから、この四季島のセールスポイントであるメゾネットタイプの客室は、最高級のスイートルーム「四季島スイート」です。畳のある和室に檜風呂と、列車の旅をしながら和の空間の中でリラックス出来るようになっているようです。^^


出展 列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

 ちなみに、スイートとデラックススイートは以下のようになっています。

出展 列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

 また、美しい東日本の風景を満喫できる3面の窓からなる展望車は、先頭と最後尾に配置されていて、その空間は、景色と一体化出来るような感覚が味わえるようになっているようですよ!


出展 列車のご紹介 | TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

 

四季島の料金やルート車内設備について-終わりに-




 

 さて今回は、JR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE四季島」について、気になるルートや料金、車内設備などについて調べて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 ちなみに、現在、申込みを受け付けているのは、「2泊3日コース(冬)」と「東日本の旬コース」となっているようですね。(2017年2月7日~3月31日までとなっています。) 申込みが多い場合は抽選となり、結果発表は4月末頃となるようです。

 

 それと、これまで販売された分は全て抽選となっており、平均倍率も冒頭でお伝えしたとおり6倍となっています。

 

 このように、料金は決してお安くはありませんが、”非日常を味わいながら極上の日々を過ごしたい”という方は、結構沢山いらっしゃるみたいですね。筆者もぜひ一生に一度は乗車したいものです^^。

 

 という訳で、今回の記事は以上となりますが、それでは最後に、四季島の車内風景を公開したニュース動画を発見しましたので、こちらをご紹介して締めとさせて頂きます。では、またお会いしましょう♪(YouTube/ANN news CH公式チャンネルより)

 

The following two tabs change content below.
 「流トレ!」では、数人のライターがトレンドボーイ(トレンドガール)を名乗り、今話題のニュースや雑学情報を始めとして、その他にもドラマや映画、アニメや音楽といったエンタメ情報の中から、それぞれの趣向の元にネタを選定し、そこから記事を書いて寄稿しています。そして更に、その文章を読者がより読みやすい形にするべく、編集スタッフが文章や構成などを統一化してから、記事をアップロードしています。

 今回の記事が何かのお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると幸いです。

 

以下オススメの記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

 皆さんの知っている情報や体験談などを書いて頂いて、有益な情報を共有して頂ければと思います!

🔻記事内容に一言突っ込む!or知っている情報(体験談)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入力した事を確認した後に、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

 

左吹き出し画像

 時代はもはやここまで来ているのか!「宙に浮くスピーカー」レビサウンド

 

 Bluetooth4.1対応、次世代スピーカーデバイスの「レビサウンド」は、最新鋭のフローティング・リニアテクノロジーを搭載。

 

 スマホ制御によりバランスを保ちながら空中を浮遊し、尚且つ幻想的な光と共に、回転しながら音楽を奏でます。

 

 スピーカー底面には強力なネオジウムマグネットを採用。例えば、料理中に冷蔵庫に貼り付けて音楽を聞くことも出来ますし、自転車のハンドルに付けて、音楽を楽しみながら移動することも可能に。

 

 更に、このレビサウンドを夜のイルミネーション代わりにすれば、1人癒やしを感じながら落ち着いた空間を過ごせますし、友人と少人数で過ごしたり、パーティなどの際には、周りに受けること間違い無しなのではないでしょうか?^^

 

 価格設定についても、1万円台と、これまた学生さんなどでも比較的手に届きやすいのが嬉しいですね。1ヶ月で割ると400円台なので、毎日ちょっとずつコツコツ溜めてから買うことも出来ちゃいますよ♪

 

 詳細は、以下の画像リンクから確認する事が出来ます。運営スタッフおすすめのこの一品! とにかく一見の価値ありです!

 
 

ディズニーまとめ!

2016 ディズニーランド 画像

折り紙情報まとめ!

折り紙 折り方 画像

超怖い都市伝説特集

都市伝説画像

トリックアート!?

だまし絵 画像

思わず二度見します

二度見 画像

ハプニング!?

ドッキリ 画像

笑い過ぎ注意!

面白い 画像

感動・泣ける歌

感動・泣ける歌 画像

モノマネ動画集!

モノマネ 画像

山で熊と遭遇したら?

熊 画像

犬の癒やしまとめ

癒やし 犬 画像

引き出しにネコ!?

ネコ 肉球 画像

卵の殻は食べれる!?

卵 画像

ゲームで遊ぶ?

ブログパーツ 画像

男を振り向かせる!

脈なし 男性 逆転 画像

恋愛のおまじない?

好きな人に好かれたい 画像

シャイ男の恋愛観?

シャイな男性が好きな人にとる態度 画像

年下B型男の態度!?

B型年下男性が好きな人にとる態度 画像

旦那の浮気を発見!?

浮気 画像