朝まで生テレビで話題! ブラック企業名を公表? 日本のブラック企業名


このページは約6分で読めます。

 

 こんにちはTrend-Boyです。さて、2013年9月に「朝まで生テレビ」で激論されて話題になった”ブラック企業名”についてですが、ここに来て再び話題になっているようですね。(どうやら今回から、違法な労働を強いている企業名が是正勧告段階で公開されるようです。)

 

 具体的には、5月18日から厚生労働省は、東京・大阪を始めとした、違法な長時間残業をする日本のブラック企業名を、従来の書類送検後から、是正勧告を3回した段階で公表すると発表しました。(従業員300以下の中小企業を抜いた大企業など。)

 

 という訳で今回は、「ブラック企業の定義とはそもそもなんぞや?」という部分を始めとして、今回の発表の詳細などについて詳しく調べてみたので、今からその結果を詳しく書いていきたいと思います。

 

ブラック企業とは? 厚生労働省のブラック企業名公表とは?

働く人のためのブラック企業被害対策Q&A-知っておきたい66の法律知識

 

 さて、先日(5月15日)に発表されたブラック企業名公表についてですが、その主な内容とポイントは以下の通りです。

 

  • 違法に月100時間を超える残業が一定数(1ヶ所で10人以上)の従業員に行われていた場合、行政指導の段階で企業名を公表する。
  • その対象は、複数の都道府県に事業場がある大企業で、残業代の未払いの実績があり、該当する事業場が3ヶ所以上あるものとする。
 

 

 ところで、「ブラック企業」という言葉は以前から使用されていましたよね。例えば、劣悪な労働条件や募集条件と異なる条件で働かすことで、従業員が精神的に追い詰められたり、最悪過労死に至るといったケースが発生する企業を指してこう呼んでいました。

 

 それと、広義では暴力団関係と繋がりのある企業を指しても、こう呼ばれていますね。今回の厚生労働省の方針で取り上げるのも、そのブラック企業対策の一環という訳です。

 

 ですから、今回取り上げる長時間残業だけがブラック企業というものではなく、企業名を早期に公表する事で、様々な抑止に繋げるという目的もあるのでしょう。

 

 ちなみに、これまでは違法な労働を繰り返し、指導しても改善されない場合に書類送検をして、その後に発表するという流れでしたが、今後は冒頭でもお伝えした通り、3回の是正勧告に従わない時点で発表される事になりました。

 

 なお、労働関係で企業名を公表することは今までもあったそうで、年間に全国で100件くらいだったそうです。(過去の例では、居酒屋チェーンやパン製造などがあります。)

 

 今回の厚生労働省のこうした試みで、今後公表される企業が増えるのか減るのか分かりませんが、その動向が今から気になりますよね。どちらにしても、3回も勧告に従わないというのであれば、これはこれで問題でしょうから。

 

違法な長時間残業とは? 残業に関する法律とは!?

 

 さて、今回厚生労働省が取締り&指導しようとするのは、先程もお伝えした通り違法な長時間残業な訳ですが、”そもそも残業についてどんな法律があるか?”について、今からおさらいしてみたいと思います。

 

 まず、労働時間などを規制する法律は、「労働基準法」ですよね。(以下”労基法”と略します。) そしてその中で、労働時間の基本は、1日8時間で週40時間以内となっています。(労基法32条。)ということは、その基準を超えて労働するのが、”残業”という訳ですね。

 

 この残業をする場合は、ただ割増賃金を払えば良いという訳で無いようで、あらかじめ残業について労働組合と協定を結ぶ必要があるそうです。(労働組合がある場合として説明します。) ちなみにこれは、労基法36条に決められていて、「三六(さぶろく)協定」と言われています。 

 

 この協定には、”どういうケースで残業をさせるか?”、また、”残業の限度時間は何時間か?”などをあらかじめ決めて、その後、労働組合の同意を得て、労働基準監督署に届ける必要があるそうです。そして、このような条件を満たした上で、初めて残業を従業員に対して命じる事が出来るのです。

 

 ちなみに、この三六協定の残業の限度時間については、通常は月に45時間など決め、その範囲内で残業が行われるのが普通です。

 

 しかしそれとは別に、緊急を要するようなやむを得ないようなケースでは、通常の残業時間の限度にとらわれずに、残業させる事が出来るという旨の条件を付けることも認められています。これを「特別条項」といい、これにより100時間まで可能とするような例は、日本を代表するような企業でも結構あるようです。

 

 ちなみに、この特別条項には制約条件もあり、完全に無制限というものではありませんが、折角の三六協定を尻抜けにするものだという批判もあるそうですね。う~ん、確かに思わず頷いてしまいますね。法律の抜け穴的な部分でしょうか。しかし、現実には合法的な方法です。

 

 従って、今回の厚生労働省が言う違法な残業とは、どのようなケースが違反なのか?を多角的に考えると、あまり単純な問題では無いと言えそうです。

 

厚労省のブラック企業名公表の効果は? 改善される?

 

 さて前述した通り、今までも厚生労働省は労働基準監督署を通して企業に対して指導を行ってきました。例えば、違法を繰り返す場合には書類送検をして、その後企業名を公表するという流れですね。それに対して、今後は公表時期を早くすることで、企業に早期改善を促そうという狙いです。

 

 という訳で、まだ新しい方針が発表されたばかりで、今後どのように運営するのか不明ですし、ハッキリとした事は分かりませんが、少し想像してみます。

 

 まず、「”違法”に100時間以上の残業が行われている」ことについては、上記の三六協定の特別条項などもありますから、その辺は微妙かもしれません。ただし、緊急事態でもないのに100時間を超える残業が続くのは問題でしょうね。

 

 それから、該当者が1ヶ所で10人以上とか、残業代の未払いがある事とか、3ヶ所以上で行われている事とか、これに該当する例がどれだけ出るのか分かりません。

 

 さらに、残業時間の把握自体も、よくいわれる「サービス残業」などがあると、実態と管理される数字と異なるなど、微妙な問題がありますよね。ということで、今後どれだけ改善されるかは分かりませんが、まずはその後の動向を見てからでしょうね。

 

 ただし、今回の厚生労働省の方針は対象が一部の大企業だけですので、中小企業などには直接適用されません。当局は波及効果を狙っているようですが、果たしてどうでしょうか?

 

ブラック企業名公表の記事-終わりに

 

 さて今回は、厚生労働省によるブラック企業名の公表についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?今回の試みでどれだけの効果が出るのかは分かりませんが、安倍首相も国会で前向きな姿勢を見せていますので、実態が改善されれば良いですよね。

 

 という訳で今回はこれで終わりとなりますが、こちらの動画のように、日本の素晴らしい産業用ロボットの発展で、今後残業などが少なくなるといいですね。

 

 マスコミのインタビューを受ける「塩崎恭久」厚生労働大臣。「名前を公表してでも違法な長時間労働を削減して行く」(TBS News-i公式チャンネル)

 

The following two tabs change content below.
 「流トレ!」では、数人のライターがトレンドボーイ(トレンドガール)を名乗り、今話題のニュースや雑学情報を始めとして、その他にもドラマや映画、アニメや音楽といったエンタメ情報の中から、それぞれの趣向の元にネタを選定し、そこから記事を書いて寄稿しています。そして更に、その文章を読者がより読みやすい形にするべく、編集スタッフが文章や構成などを統一化してから、記事をアップロードしています。

 今回の記事が何かのお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると幸いです。

 

以下オススメの記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

 皆さんの知っている情報や体験談などを書いて頂いて、有益な情報を共有して頂ければと思います!

🔻記事内容に一言突っ込む!or知っている情報(体験談)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入力した事を確認した後に、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

 

左吹き出し画像

 時代はもはやここまで来ているのか!「宙に浮くスピーカー」レビサウンド

 

 Bluetooth4.1対応、次世代スピーカーデバイスの「レビサウンド」は、最新鋭のフローティング・リニアテクノロジーを搭載。

 

 スマホ制御によりバランスを保ちながら空中を浮遊し、尚且つ幻想的な光と共に、回転しながら音楽を奏でます。

 

 スピーカー底面には強力なネオジウムマグネットを採用。例えば、料理中に冷蔵庫に貼り付けて音楽を聞くことも出来ますし、自転車のハンドルに付けて、音楽を楽しみながら移動することも可能に。

 

 更に、このレビサウンドを夜のイルミネーション代わりにすれば、1人癒やしを感じながら落ち着いた空間を過ごせますし、友人と少人数で過ごしたり、パーティなどの際には、周りに受けること間違い無しなのではないでしょうか?^^

 

 価格設定についても、1万円台と、これまた学生さんなどでも比較的手に届きやすいのが嬉しいですね。1ヶ月で割ると400円台なので、毎日ちょっとずつコツコツ溜めてから買うことも出来ちゃいますよ♪

 

 詳細は、以下の画像リンクから確認する事が出来ます。運営スタッフおすすめのこの一品! とにかく一見の価値ありです!

 
 

ディズニーまとめ!

2016 ディズニーランド 画像

折り紙情報まとめ!

折り紙 折り方 画像

超怖い都市伝説特集

都市伝説画像

トリックアート!?

だまし絵 画像

思わず二度見します

二度見 画像

ハプニング!?

ドッキリ 画像

笑い過ぎ注意!

面白い 画像

感動・泣ける歌

感動・泣ける歌 画像

モノマネ動画集!

モノマネ 画像

山で熊と遭遇したら?

熊 画像

犬の癒やしまとめ

癒やし 犬 画像

引き出しにネコ!?

ネコ 肉球 画像

卵の殻は食べれる!?

卵 画像

ゲームで遊ぶ?

ブログパーツ 画像

男を振り向かせる!

脈なし 男性 逆転 画像

恋愛のおまじない?

好きな人に好かれたい 画像

シャイ男の恋愛観?

シャイな男性が好きな人にとる態度 画像

年下B型男の態度!?

B型年下男性が好きな人にとる態度 画像

旦那の浮気を発見!?

浮気 画像